バナー

過払い金請求のポイントと注意点について

消費者金融などから借入を行い、払い過ぎてしまった利息に対して請求をするものとして過払い金がありますが、手続きを行う場合には、ここでのポイントと注意点を理解をした上で進めることが大切なことになります。


まず、ポイントとしては、実際の借入額に対しての把握をしっかり行うことがあります。

プロミスの過払い金で快適な暮らしを実現しましょう。

取引履歴に関しては開示請求をすることによって後でも知ることができますが、現時点で何社からの借入で何年間借入を行っているのか、また、最初の借入元本はいくらなのかを把握することが必要になります。



次に、法律事務所への委託があります。

一流のYahoo!ニュースの最新情報が知りたい方にはこちらです。

過払い金は数社に及ぶ場合には高額となることも多く、請求額が140万円を超えるような場合には司法書士での取扱いができないことを理解しておくことが必要となります。

過払い金での注意点としては、業者側からの和解提案と法的に処理をした場合をあげることができます。まず、和解に関しては、業者によっては残債と過払い金を相殺して債務が現時点では存在しないという和解通知を行うところもあり、この場合には、後から判明した過払い金に関しては取り戻すことが非常に難しくなります。

次に裁判所を活用しての調停や訴訟による内容があります。

通常、弁護士等を通すことによって金額の確定、支払いで手続きは終了しますが、場合によっては裁判所を通しての決着を図る場合もあります。

この場合には、債務名義、いわゆる判決文が発生することになり、残債がある場合など、万が一、ここでの取決めによる支払いが履行できない場合などでは強制執行に至る可能性もあるために、行う場合には十分に内容を確認して上で進めることが大切なことになります。